お久しぶりです〜iPhone Xを発売日にゲットしました

(あまりにも久しぶりの更新なので、WordPressでの新規投稿のやり方を忘れかけていました(汗)。)

iPhone 8・8 Plusは見送って・・・

 気がつけば、前回のブログ更新から7か月ほど経過してしまいました…。
 前回の記事は、2017年3月25日に購入したiPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Editionのレビュー記事でした。その記事の最後は「それにしても、まさか半年でiPhoneを買い替えることになるとは・・・。そして、例年通りであれば、また半年後には次のiPhoneが・・・。」と書いて締めくくっていましたが、予定通り(?)、11月3日から販売が開始されたiPhone Xを購入しました(汗)。

 ちなみに、iPhone Xに先立ち、2017年9月22日にはiPhone 8とiPhone 8 Plusが発売されましたが、こちらについては私は見送りました。理由は、それまで約1年間使ってきたiPhone 7 Plus(ジェットブラックと(PRODUCT)RED)と比べると、ワイヤレス充電に対応した以外は機能的にはほぼ変わらない性能強化版にすぎないように思われたこと(各種レビュー記事などを見ると、カメラ機能は結構強化されているようですね)と、約1か月後にiPhone発売10周年記念モデルであるiPhone Xの発売が控えていたからです。
 iPhone 8・8 PlusやXが発表された2017年9月13日午前2時(日本時間)からのAppleスペシャルイベントでは、iPhone Xに狭額縁の有機ELディスプレイが採用されるとともにホームボタンが廃止され、指紋認証であるTouch IDに代わり顔認証のFace IDが採用されるなど、「iPhoneの次の10年の始まり」(Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるフィリップ·シラー氏談)のモデルにふさわしいものとして大幅に刷新されると発表されました。

 日本で最初に発売されたiPhone 3G以来、毎年iPhoneを買い替えてきた私としては、7 Plusの後継機種である8 Plusを購入した上でさらにXも、という選択肢もなかったわけではありませんが(汗)、1か月ちょっとしか使わないであろうことがわかっていて買うのはさすがの信者でも、やはり躊躇せざるを得ませんでした…。

予約争奪戦

 ところが、事前情報では、iPhone Xは製造が難しく、初回出荷分の台数はこれまでにない少なさであろうとのことで、2017年10月27日午後4時1分から開始されるネット予約ではかなりの争奪戦になることが予想されていました。「初回出荷分を逃すと年内の入手は困難かも?」という説もあったり…。
 私は、これまで日本で発売されてきたiPhoneのほとんどを発売日にゲットしてきたのですが、さすがに今回は無理かもしれないと思い始め、「年内にiPhone Xを入手できないのであれば、つなぎでiPhone 8 Plusもありかも!?」などと考えるようになってました(汗)。

 そして迎えた2017年10月27日午後4時1分。私は、当日のその時間はちょうど移動中だったのですが、iPhone 7 PlusにインストールしているApple公式の”Apple Storeアプリ”を必死で起動したり終了させたりしながらなかなか繋がらないApple公式オンラインストアにアクセスし続けた結果、無事、11月3日午前8時30分Apple心斎橋の店頭受取分を予約することができました!

ついに発売日

 発売日である2017年11月3日、Apple心斎橋は例年のiPhone新型発売日と同様、午前8時のオープンでした。私は、午前8時30分受取りとなっていたことから、オープン少し前にApple心斎橋に行き、iPhone発売日恒例のストアスタッフによるカウントダウンと行列先頭集団が入店する際のハイタッチを見物しようと、オープン15分ほど前にApple心斎橋に到着するよう家を出ました。
 地下鉄心斎橋駅を降りて地上に上がりApple心斎橋に向かうと、見えてきたのは予約なしでの当日販売分を求める人の長蛇の列。Apple心斎橋が入居するビルは南北に走る御堂筋の西側にあるのですが、ビルすぐ横の御堂筋西側の歩道だけでなく、対岸の東側の歩道にも行列が伸びていました。正確な人数はわかりませんが、400人以上が並んだという記事もあったり。
 昨年のiPhone 7・7 Plus発売の際、Appleは行列を作らせないために予約なしでの当日販売はしなかったのですが、iPhone Xについては事前に当日販売もすると予告されていたため、この異常な行列になったのだと思われます。
 一方、予約組については、この長蛇の行列とは別にビル南側の壁に沿って並んでくださいとの指示がありました。私が到着した時点で予約組は15人ほどしか並んでいませんでしたが、警備員の方に「8時30分受け取りなんですが、並んでもいいのでしょうか?」と確認したところOKとのことでしたので、私もビル南側の壁に沿って並ぶことにしました。

 しかし・・・これが誤算でした。壁に沿って並んでしまったために、8時オープンのカウントダウンが全く見えないという…(涙)…。

 一瞬、列から離れてカウントダウンを見た上で改めて並ぼうかとも思いました。しかし、オープン直前の時点で予約組の列は30人以上になっていて、私は一刻も早くiPhone Xを手に入れたいという気持ちが優ってしまい、そのまま並び続けることにしました…。

 そして、いよいよ午前8時。直前からストア前からカウントダウンの声が聞こえてきたのですが、残念ながら私が並んでいた位置からは全く見えず…

 こちらの動画は、オープン直前から店舗に入るまでの様子を撮影したものです。そう、カウントダウンは見ることができませんでしたが、入口でスタッフのみなさんが迎える中の「ハイタッチ入店」は初めて体験することができました!

 そして、無事発売日にiPhone Xをゲット!

隣のApple Watchとバンドは店頭展示品であって一緒に購入したわけではありません(^^;。

 

 ちなみに、当日のApple心斎橋前の様子は、iPhone Maniaさんのこちらのページで詳しく紹介されていますので、ぜひご覧ください。

iPhone Xの実際の使用感は・・・

 この記事を書いている時点では5日間ほどiPhone Xを使っていますが、一番の「懸念事項」であるホームボタン及びTouch ID(指紋認証)の廃止については、全く問題ありません。30分も使えばすっかりホームボタンがないUI(User Interface)に慣れてしまいましたし、今ではホームボタンがあるiPhone 7 Plusを見ると、なんだか一世代前のスマートフォンを見ているような気さえするようになりました(^^;。

 ただ、絶対的にiPhone 8・8 PlusよりもiPhone Xの方が優れているといえるのかというと・・・ちょっと微妙な感じもします。
詳しくは、もう少し使い込んだ上で、改めてファーストインプレッションとして記事をアップしたいと思います。

 


Also published on Medium.

halu(はる)

Mac歴約20年の弁護士です。現在のメインマシンは、MacBook(Early 2015)、iPhone 7 Plus、9.7インチiPad Pro、Apple Watch Edition – 42mmホワイトセラミックケース。仕事ではWindowsも使っていますが。

コメントを残す