iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Edition 256GB レビュー

赤い彗星、登場。

 iPhoneに赤色が追加されるという噂は以前からありました。当初は、次期アップデート版(従来通りのネーミングならiPhone 7s、7s Plus)から追加されるのではという噂でしたが(例えばこちら)、発表1か月ほど前から、現行機種に赤色が追加されるのではという噂が流れ始めました(例えばこちら)。

 そして、Appleは、2017年3月21日、現行機種であるiPhone 7とiPhone 7 Plusに赤色を追加すると発表しました。しかも単なる赤色ではなく、”(PRODUCT)RED”ブランドを付けた”Special Edition”です。

(PRODUCT)REDとは?

 2006年1月26日、アイルランド出身のロックバンドU2のボノと、国際NGOであるDATAのボビー・シュライバーが発起人となり、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムにおいて、(RED) が発表されました。 (RED) とは、賛同するパートナー企業が”(PRODUCT)RED”という共通ブランドの商品を開発・販売し、これによって得た収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に寄付し、 アフリカのエイズ対策プログラムを支援する仕組みとのことです。
 パートナー企業が(PRODUCT)REDブランドを付けて販売した商品の販売収益の一部や、キャンペーンやイベントなどによって集められた寄付金は、(RED)よって管理費を差し引かれることなく100%の金額がグローバルファンドに送金されるとのことです
 ちなみに、Appleが初めて発売した(PRODUCT)REDブランドの製品は、2006年9月に発売されたiPod nano (2nd generation)です。以来、Appleは10年以上、様々な製品に(PRODUCT)REDブランドを付けて販売してきましたが、iPhoneに(PRODUCT)REDブランドが付けられるのはこれが初めてです。

買うべきか買わざるべきか・・・

 3月21日にAppleから発表がされた時点では、私は見送るつもりでした。理由は、半年ほど前にiPhone 7 Plus ジェットブラックを買ったばかりだから。Appleのことなのでとても綺麗な赤色なんだろうなと思ってはいましたが、ジェットブラックのiPhone 7 Plusをとても気に入っていましたし、中身は全く同じiPhoneを買う必要性も(普通に考えると)全くないので、とても魅力的ではあるものの、まぁ買わないだろうと思っていました。

 ところが・・・日本での発売開始日である3月25日直前になると、Appleから(PRODUCT)REDのiPhoneを先行して借りることのできたライターさんが続々とレビュー記事をアップし始めました。どの記事も、赤色の素晴らしさを絶賛するものばかり。特に、Apple界隈では有名な林信行さんの記事を読んでしまった後には、いつの間にか(PRODUCT)REDのiPhoneを買わないという選択肢がどんどん小さくなっていき・・・。

 そして、ジェットブラックのiPhone 7 Plusを手に持って販売開始の3月25日午前0時1分になるのを待ち構え、販売開始とほぼ同時にオンラインのApple Storeで購入してしまいました。

 購入したことをFacebook上で報告したところ、あるFacebook友達からは「信者度が試される製品」とコメントをいただきましたが・・・確かにそうかもしれませんね(汗)。

開封の儀

 3月25日(土)の午前0時過ぎに注文したところ、同日午前10時46分にはAppleから商品出荷のお知らせメールが届き、3月26日(日)お届け予定となっていました。ただ、配送先を私の事務所にしており、その日は事務所が休みだったので、実際に受け取れたのは3月27日(月)。
 さらに、3月29日(水)の夜に開催されるMUGNET(大阪の老舗Appleユーザーグループ)の定例会の場で参加者のみなさんの前で開封しようと決めていたので、それまで開封はお預け状態でした・・・。

 クロネコヤマトの宅急便で到着。この状態で放置せざるを得ないのは、結構辛かったです(汗)。
 MUGNET定例会場で開封!
RED!
RED!
赤いリンゴ!
 箱を開封するとまず見えるのは、いつもの”Designed by Apple in California”
 簡単な説明書やSIMトレイを引き出すためのピン、白いAppleロゴのシールが入っているのは、ジェットブラックのiPhone 7 Plusと同じですが・・・

 iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Editionには、(PRODUCT)REDについて簡単な説明が入っていました。

 同梱されているアクセサリー類は、ジェットブラックのiPhone 7 Plusと全く同じです。

 鏡面仕上げのAppleロゴが光る!

 「総務省指定」も刻印されていますが、ほとんど目立ちません。
 上部のアンテナライン。
 下部のアンテナライン。ジェットブラックに比べると少し目立ちますね。

 本当に美しい赤です!ライトなど全く調整せずに撮影しているので、この美しさがうまく伝わらないと思いますが、決して派手ではなく、でもしっかり主張する、やや濃いめの赤です。
 ジェットブラックのiPhone 7 Plusの筐体はヌメっとした高光沢仕上げ施されており、漆黒でありながら光をキレイに反射します。そのため、周りの状況が表面に映り込むようになっています(また、非常に指紋もつきやすいです。)。一方、(PRODUCT)REDのiPhone 7 Plusの筐体は表面に微細な凹凸がつけられているようで、わずかにザラっとした感触があります。そのため、光が乱反射して周りの状況はほとんど映り込みません。

 ジェットブラックのiPhone 7 Plusの背面をPRODUCT(RED)のiPhone 7 Plusで撮影。漆黒の表面にiPhoneを構える私の顔などが映り込んでいます。
 同じ撮影条件で、PRODUCT(RED)のiPhone 7 Plusの背面をジェットブラックのiPhone 7 Plusで撮影。影が映る程度でです。

 

 正面の液晶周りの色は白。ネットでは「筐体が赤ならここは黒の方がいい!」という方も結構いるようですが、私は白の方が好きですね。確かに、黒の方が引き締まった印象を与えるかもしれませんが、強烈な赤の反対側に白をもってくることによって、柔らかい印象を与えているのではないでしょうか。

 初期設定状態。SIMカードはIIJmioのタイプA(au網)を入れています。

 初期設定状態では、iOSのバージョンは10.2.1でした。iPhone 7 Plus PRODUCT(RED)を開封した時点では既にiOS10.3が配信されていましたが、配信開始が日本時間3月28日午前2時頃だったため、出荷までには間に合わなかったようです。

壁紙も赤に!


 せっかくなので、壁紙も真っ赤にしてみました。不思議なiPhoneの壁紙(Mysterious iPhone Wallpaper)さんのページから壁紙データをダウンロードできます。

 

 以上、iPhone 7 Plus PRODUCT(RED) Special Editionのレビューでした。

 それにしても、まさか半年でiPhoneを買い替えることになるとは・・・。そして、例年通りであれば、また半年後には次のiPhoneが・・・。


Also published on Medium.

halu(はる)

Mac歴約20年の弁護士です。現在のメインマシンは、MacBook(Early 2015)、iPhone 7 Plus、9.7インチiPad Pro、Apple Watch Edition – 42mmホワイトセラミックケース。仕事ではWindowsも使っていますが。

「iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Edition 256GB レビュー」への1件のフィードバック

コメントを残す